米国留学生、ナイジェリアに行く
コロンビア大学ロー・スクールに留学してた人の日記。
プロフィール

米国留学生

Author:米国留学生
Columbia大学のロースクール(LLMコース)に通う日本人留学生です。
自己満足ですが、覗いてってください。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お客様
大学時代のサークルの先輩がNYに来たので、NYを案内してもらいました。

・・・全く役に立たず、すみませんでした。
でも、「Calvin Kleinの口紅」がどこに売っているかなんてわかりようがありません。

というわけで、NY滞在2ヶ月目にして初めて本格的に5番街周辺を散策。
Bloomingdale's、Macy's、Saks Fifth Avenue、Barney'sと虱潰しに足を運んだ結果、得たものは場違い感にたえられる精神力。
残念ながら、お目当てのものは見つかりませんでした。

大学から五番街は、地下鉄で20分ちょいなんですが、そこは完全に異世界。
みんな、お洒落。
大学では、みんなパーカー、デニムにスニーカー。
うっかりジャケットなんて着て授業に出れば、今日はパーティかと聞かれます。
日本の大学生はみんなお洒落ですよね。
まあ、その中で僕はラケットバックを常にしょうという流行の最先端を走っていましたが。

ちなみに、SOHOにはこんな店も。
011.jpg

あなたには日本で大変お世話になりました。



スポンサーサイト
標識
イエローストーン国立公園にあった標識。

20071025152536.jpg


こういう標識は「注意しろ」という警告というよりも、「見えないだけで動物はちゃんといるよ」という誇大広告に近いと思っていました。
日本でも、「鹿飛び出し注意」の標識があれば、「やべー、鹿に出会っちゃうかも」と一通りわくわくさせられた結果、実際に出てきてくれることはない。
やつらは出ないことで自身の希少価値を高め、決して安売りしない。

そう思っていました。。。










20071025150548.jpg

どーん。
もってけ、泥棒。
野生の生き物としてのプライドを持って頂きたい。

ちなみに、イエローストーン名物はバッファローバーガー。









オタワの公園にあった標識。

20071025151538.jpg


うん。

これを見たオタワ市民はとぼとぼと帰宅していくのですね。
馬に乗って。







オタワ
3泊4日でカナダの首都オタワに行ってきました。
地味に2連続で週末カナダ。

木曜の授業後、午後4時に大学を出て、ニューアーク空港8時発の飛行機に乗り、10時にオタワ到着。

人がいない。
空港にも、街にも。

昼間のショッピングモールに行っても、客どころか店員もほぼいない。
壮大なかくれんぼをお楽しみ中らしいです。

ところが、調べたところ、81万都市であるとのこと。
間違いなく木の本数のことだと思われます。

というのも、自然は本当に見事。
紅葉が美しかったです。

20071022112838.jpg


ottwa


平和でのどか。
かなり癒されました。

ところで、空港でビールの飲もうとしてら年齢確認をされました。
確認した店員が、「整形してるのか?」と。

はい、ほんの10万ほどかかりました。






Barbri
日曜は、朝9時からタイムズスクエアに行ってきました。

何しに?
そりゃあ、ニューヨーカーですもの。
Barbriの講義にでるために決まってるじゃないか!(泣)

BarbriとはBar Exam(司法試験)を受けるための予備校です。
日本で言うところの、伊藤塾とかLEC。

Bar Exam自体は、ロースクール卒業後、来年7月末に受けるつもりですが、その試験を受けるためにはMPRE(Multistate Professional Responsibility Examination) という弁護士倫理試験に合格する必要があり、これが11月頭に実施されるのです。

倫理はもっとも得意とする分野ですが、念には念を入れ、講義に行ってきました。

そこは完全に日本の予備校。
カリスマ講師が4時間ぶっ続けで講義をし、生徒は配られたテキストの空欄をひたすら埋めていく、みたいな。
小学生から塾に浸り続けていた僕は、水を得た魚のように睡魔と戦いました。

雰囲気だけはホーム感を漂わせていたのですが、授業はなぜか英語で行われ、法律そっちのけで、リスニングの授業と化しました。
倫理なんかあったものじゃない。

しかし、本格的に疲れました。
5月からは、これが毎日続くのかと思うと早くも欝です。

で、なぜにこの立地?
軽く圧倒されます。
おのぼりさんはBarを受ける資格がないとでも?

そういや、大学時代通った予備校はゲーセンの隣にあったなあ。
おかげで、一人遊びが得意になりました。



ナイアガラ
ナイアガラ滝に行ってきました。
日帰りで。
超強行スケジュールではありましたが、楽しんできました。

前日はロースクール生の集まりと、SIPAの友達の引越しパーティーをはしごし、3時就寝。
5時起床。
6時半にJFK空港集合。
1時間半のフライトでバッファーロー空港に。
そこから1時間バスに揺られ国境をわたり、たどり着きましたナイアガラ。
世界3大滝の一つ、ナイアガラ。
新婚旅行の名所、ナイアガラ。
冒険家による滝下りの生存率66.6%、ナイアガラ。
寒いぞ、ナイアガラ。
強いぞ、ナイアガラ。
niagara

「でかいことはいいこと」というアメリカ人の発想の権化です。

「霧の乙女(maid of mist)」号というクルーズ船に乗り込んで滝のふもとへゴーすると、ただひたすらに濡れました(上の写真にも写ってます。)。
目も開けられません。
とりあえず濡れりゃあ楽しいじゃん?的なノリは共有します。
船で出会った大阪から来たというおばさん軍団とはしゃぎまくりました。

fune


ここで、霧の乙女号にまつわるエピソードを一つ。

「霧の乙女号名前の由来は?
ナイアガラ周辺に住んでいたアブオリジナル・ピープル(先住民)の伝説「乙女リワワナ」から名前が付けられました。部落に住んでいた美しい乙女が酋長の命令で村の長老と結婚することになりましたが、結婚式の最中逃げ出しました。この事件により乙女は部落から追放され、滝つぼに住むと信じられている精霊の強い力に呼び寄せられ一体となりました。今でもナイアガラ瀑布から吹き上がる霧の中に乙女の姿を見ることが出来ると信じられています。もしかして霧の中に乙女の姿を見ることが出来るかも知れませんね。そのお陰で創業1846年から事故は1件も発生していません。世界で一番古いクルーズ船です。」(ナイアガラ観光局公式HPより引用。)

「一体となりました。」って。
美化がすぎやあしませんか。


滝を6時間ほど堪能し、次はツアーに組み込まれているお土産ショップへ。
その名も「斉藤カナダ」!

。。。カナダまで来た甲斐がありました。


RENT
レポートは死にそうになりながら、書き上げました。
久々に完徹し、それ以来体調がイマイチです。
もう若くない。

とはいえ、提出後に参考資料をすべて捨てたときの恍惚感はたまりません。

さて、下に書きましたが、日曜はミュージカルに行きました。
初ブロードウェイ。
6時半にもなれば、そこら中の劇場に行列が並び圧巻。

rent



観にいったのは、「RENT」。
トニー賞4部門を獲得し、映画化もされ、歴代7位のロングラン上映記録を保持している名作中の名作です。
日本にも、去年来演してましたね。
ストーリーは以下のとおり。
「1989年12月24日からちょうど一年間のニューヨークのイーストヴィレッジが舞台。元ロックミュージシャンのロジャーと、ルームメイトで自称映像作家のマークは、家主のベニーから滞納している家賃 (レント)を払うか退去するよう求められる。 彼らを中心に、ゴーゴーダンサーのミミ、大学講師でハッカーのコリンズ、ストリートドラマーでドラァグクイーンのエンジェル、アングラパフォーマーのモーリーン、ハーバード大卒エリート弁護士のジョアンらが、貧困と病魔に苛まれる日々の生活の中にも愛と生きることの喜びを見いだしていく。彼らの中にはゲイやレズビアン、ヘロイン中毒、そしてHIV陽性の者もおり、こうした登場人物たちによって、1980年代終わりのニューヨークの世相と、今では失われた「ボヘミアン イーストヴィレッジ」の世界が鮮やかに描かれていく。」(wikipediaより引用。世の中便利になりました。)

その日は、主役の二人ロジャーとマークを演じたオリジナルキャスト(映画版にも出演)の最終日ということで、会場は異常な盛り上がり。
開幕した瞬間からスタンディング・オーベーション。
みんなリピーターなのですね。
みんなあまりのリピーターぶりに、トイレに行くタイミングも完璧に把握しており、休憩中に行こうとした僕は軽く「地獄のち天国」を体験しました。

映画版をみていたので、ストーリーは把握していたのですが、構成がちょっと違い新鮮に楽しめました。
ジョークは相変わらず2秒遅れで過剰に反応しときました。

劇場も大きいものではないため、舞台と客との一体感は本当にすごかったです。
ミュージカルというより、ライブに近い。
みんな、とてもラフな格好で楽しんでいました。
今度は何観にいこう。

ちなみに「ウィケッド」はまともな値段で見たければ1年待ちだとか。
すべてを解決できる金が欲しいものです。


小論文2
下で書いた小論文については、なんとか期限2時間前に提出することができました。

課題はtorts(不法行為)の事例問題で、事例は「腎臓病を患う患者の手術において、医師が誤って患者から健康な方の腎臓を摘出してしまい、結果として患者の健康状態が深刻な状態にある。この場合、(1)医療過誤が成立するか?(2)患者は術前に、『医師の過失によって生じた損害について訴えることはしない』旨の契約にサインしたが、このような契約は有効か?(3)医師の過失に関して、病院にも責任が及ぶか?医師が病院の従業員であるか否かで結果は変わるか?」というもの。

まじで悲惨。

健康な腎臓を摘出したということは、いま体内に残っている病気に侵された腎臓も本当は摘出しなければいけないほど悪い状態なわけです。
ということは、残された道は残された腎臓を摘出した上で、別の腎臓を移植するということでしょうか?

まあ、しかし、いかに悲惨とはいえ、これはあくまで仮想の事例問題。
現実にこんなうっかりはあり得ない。。。

と思ったら、やっぱりあるんですね。
判例を調べていたら出てきました。
現実の判例では腎臓ではなくて、眼球でしたが。


実は、明後日までに提出のレポートがもう一つ。
これは「Jurisprudece of War(戦争の法学)」というなんとも物騒な授業のものですが、課題は「POW(捕虜)は、自らが戦場で行った戦闘行為につき、抑留国の国内法上の刑事責任を負わされないというルールがあるが、同ルールの詳細、同ルールが正当化される理由、及び同ルールの例外について2500単語以内で書け」というもの。
グアンタナモ問題に関わる奥の深い問題です。

今回も自分を追い込むため、昨日から引きこもっていた図書館を抜け出し、ブロードウェイにミュージカルを観に行きました。
それについては、また書きます。

最近、太陽の光をまとも浴びられていません。
酸素が足りないと感じられたら申し訳ないです。





小論文
明日までに2000語の小論文を書かなくてはなりません。

課題は三週間前には発表されていたのですが、本日執筆開始。
人間追い込まれなければ、がんばれませんね。
現在1000語弱。
残り21時間。
まだまだ、追い込まれ足りないな。

課題についてはまた別途書きますが、2000「語」って何?
日本語じゃ考えられない単位。
文字数でいこうよ。

ちなみに日本語だと何文字くらいなんでしょうね?
5000文字くらい?

じゃあ、5000文字ってどれくらい?
愛情あふれるストーカーなメールくらい?

だとしたら、、、得意分野じゃないか。

残り半分、日本語じゃだめですかね?
愛情たっぷりで書きます。
たとえ言葉が通じなくても、気持ちは通じると思います。


それにしても、切羽詰ったときの現実逃避は蜜の味ですね。
へー、台風15号かー。


脳内
脳内



どおりで。。。


皆さんもどうぞ。
http://maker.usoko.net/nounai/


バースデーパーティー

LLMのクラスメートのバースデーパーティーに行ってきました。

1次会は、主役の友達の家で。
2次会は、バーのスペースを借り切って。
結局、50人以上集まり、楽しかったです。

パーティー等、イベントにはお金と時間が許す限り、できるだけ行くよう心がけてます。
仮に誘われていなくても。。。
理由は、
①友達が増える
②英語を話す機会になる(酔えば英語も頑張れる。)
③単に飲むのが好き

正直、こっちのパーティーのノリ・テンションにはなかなかついていけません。
大学時代、留学を見越して、居酒屋とカラオケで鍛えたはずなのですが、世界の壁は高かった。
でも、抵抗もせず負けるのはしゃくなので、はったりでカバーしようとあがいています。

まずは、こんにちはの挨拶。
たいして仲良くなくても、とりあえず男女問わずハグしてみる。
相手が戸惑ったら、ノリで勝った証拠として受け止める。

いきなり自分の友達に紹介してみる。
竹馬の友のように紹介してみる。
「こいつ不器用だから誤解されやすいんだけど、いいところあるんだ。俺は知ってる。」
青春アミーゴ。

飲み。
これ見よがしに一気に飲んでみる。
意外と喜ばれる。
ちょろい。
でも、二回は通用しません。
飽きっぽい?
いや、こっちがワンパターンですね、はい。

ダンス。
僕にとっては、これが一番の難関。
そもそも、なぜこっちの人はみんな踊りたがるのだろう。
もはや、条件反射的。
今回もバーだけでなく、一次会の家でも踊っていた。ワンルームのマンションで。
ってか、本当に踊りたいのですか?
義務感でやってませんか?
パーティーは踊るものという先入観に縛られていませんか?
と、アイデンティティを崩しにかかってもしょうがないので、とりあえず、こっちも揺れてみる。
ええ、必ずしも音楽にはあってませんが。
千鳥足だと思われたら、ノリで勝った証拠として受け止める。

そして、お別れの挨拶。
さっきより強くハグしてみる。
勢いあまって、二回三回と。
相手の腕の力がだんだんと弱くなっていくのを感じたら、ノリで勝った証拠として受け止める。

その後、facebook(こっちのmixiみたいなもの。mixiより赤の他人からのアクセスが難しいから、みんな本名と自分の写真を公表している。)で、「また遊ぼう」のメッセージ。
返事がなかったら、完勝の証拠として受け止める。

きっとウザがられているんだろうなー。。。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。