米国留学生、ナイジェリアに行く
コロンビア大学ロー・スクールに留学してた人の日記。
プロフィール

米国留学生

Author:米国留学生
Columbia大学のロースクール(LLMコース)に通う日本人留学生です。
自己満足ですが、覗いてってください。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テスト
済ませてきました。
出来は?

微妙。

今回のテストは前述したCIALのもので、2時間の論述問題。
open book(持ち込み自由)で、解答方法は筆記かパソコン。
評価はpass/fail(受かるか落ちるか)で、成績はつきません。

問題は2問で、第一問はfreedom of speech(言論の自由)にpunitive damage(懲罰的損害賠償)を絡めたもの、第二問目は立法と行政の権限についての問題(だと信じている。)。
どちらも、真っ向ストレートの良問でした(えらそう)が、論点多すぎ。時間が全く足りませんでした。

英語の問題を読んで理解するのに時間がかかる、かかる。
英語の文章を組み立てるのに時間がかかる、かかる。
英語をタイプするのに時間がかかる、かかる。

幸い、自分の解答を読み直す時間がなかったのですが、間違いなく内容・文法・構成すべて支離滅裂。
教授、読解がんばれ!

思うに、外国語はアウトプット(話す・書く)のほうがインプット(聞く・読む)よりもはるかに大変。その中でも、「書く」はボディランゲージや意味不明な笑みとかでごまかせないから一番きつい。

まあ、でもいい経験でした。

しかし、パソコンで解答するのは不思議な感じ。
タイピング能力が結果にもろ反映されるだろ。
タイピング能力と法学の理解度とは関係ないだろ。
どうなのよ。
アナログ人間にはきついです。
試験後に、手の筋肉が痛くなってた大学時代が懐かしいです。

親指と手首の間の筋肉は、試験とファミコンでつるほど鍛えた結果、見事な発達具合。
でも、もはや活躍する場面がない。

老兵死す。
かわいそうに。。。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント
パソコンでテスト
ぼくも、VAIOのサブノートで、FINANCEの試験受けたことがあって、大変な目にあいました。数字入力用に、ナンバーパット忘れて、時間ぎりぎりまで、やってました。
パソコンでテストっていろいろありますよね。
お疲れ様。
【2007/09/23 02:17】 URL | josh #- [ 編集]


>joshさん
きっと慣れなんでしょうけど。
確かに、カット&ペーストなんて楽でですもんね。
日本のロースクールはどうしてるんだろう。
【2007/09/24 05:14】 URL | 留学生 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cls2008.blog118.fc2.com/tb.php/14-68c802af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。