米国留学生、ナイジェリアに行く
コロンビア大学ロー・スクールに留学してた人の日記。
プロフィール

米国留学生

Author:米国留学生
Columbia大学のロースクール(LLMコース)に通う日本人留学生です。
自己満足ですが、覗いてってください。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マジ寒い
今度は僕のこと。
再確認まで。

MPREの結果がメールで届きました。
うっかり、ニューヨーク州のBARを受けるための必要な点数をゲットしていました。
敗北宣言をしといて、この結果は我ながらまじサムいです。

「テストどうだった?俺マジできなかったんだけど。」
「お前も?俺も、ぜってー落ちたわ。」
といっときながら、裏切るみたいな。

外国人のロースクール生にも、落ちたーとわめいておいたので、このサムさが万国共通なのか確認しておきます。

でもね、本当に予想外なんですよ。

僕の非倫理性は所詮世界レベルではないということか。
世界の壁は厚い。
サムさに関しては、結構いいとこまでいってると思います。


ちなみに、この試験(MPRE)のシステムは以下のとおり。ご参考まで。

MPRE_VICTROLA.jpg

MPREは全州共通の試験で、年に3回ほど開催される。この試験で一定の点数を取ることが、各州のBAR試験を受けるに当たっての受験資格になる(※BARそのものに関しては、各州がそれぞれ独自に試験を行う。A州のBARに合格すればA州での弁護士資格を得ることになるが、これは他の州における資格にはならない。)。

必要な点数は州によって異なり(中にはMPREを受けること自体求めていない州もわずかながらある。)、僕の受けるニューヨーク州は85点以上取ることを求めている。他の州も、大体75~85点取ることを求めている。

問題は60問(そのうち10問は参考問題で採点対象外。しかし、受験生にはどの問題がこの参考問題なのかはわからない。)で、試験時間は125分。

各試験の難易度によって有利不利が生じないように、点数は50点から150点の間で偏差値換算され、平均点は100点に設定される。
BARBRI曰く、難易度にかかわらず正答率が7割あれば、問題なく85点をこえるとのこと。
ぜってー7割も取れてねー。

しかし、なぜ50~150点で換算するのだろう。
素直に、0~100点にして、平均を50点にしたほうがわかりやすいだろ。
50点も下駄を履かそうとする意味がわからない。

厚底ばんざい。
アムラー。

el-xpaige.jpg


余談ですが。。。

高校生の頃、まだ厚底がかすかに流行っていて(少なくとも鎌倉では。)、デートに誘った彼女に、「高い靴を履いていってもいい?」と聞かれたことがある。

この子はなぜ自分の靴が高価であることを高らかに宣言しているのだろうかと、不審に思ったものも、

「も、もちろん」

と精一杯さわやかに答えた上で、こちらも負けじと、持っている中で一番値の張った靴を履いて挑んでやった。

エアマックス。



・・・やっぱ、サムいわ。



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

いまさら寒いことに気が付きましたか(ノ)・ω・(ヾ)?
【2007/12/06 10:58】 URL | みゃお #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cls2008.blog118.fc2.com/tb.php/39-23cf422b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。