米国留学生、ナイジェリアに行く
コロンビア大学ロー・スクールに留学してた人の日記。
プロフィール

米国留学生

Author:米国留学生
Columbia大学のロースクール(LLMコース)に通う日本人留学生です。
自己満足ですが、覗いてってください。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お邪魔虫
昨夜深夜、ルームメイトに連れて行かれ、コロンビア大学の伝統行事「Orgo Night」を観てきました。

Orgo Nightとは・・・
「有機化学(Organic Chemistry)の試験の前日、夜中の12時にコロンビア大学マーチング・バンド(学生バンド)がButler Libraryで真面目に試験勉強をしている学生の邪魔をする目的で、30分間、演奏(騒音を立てる)したり、大学関連のジョークを披露する。その後、楽隊は、Hartley,Wallach,John Jay等の学部生寮を襲い、最後にバーナード・カレッジ(女子大)の寮の下で、紙くずや水の入った風船の雨を浴びるという伝統行事。」(Wikipediaより引用。)

11時半に図書館に着くと、これから起こることを知らないで必死に勉強する標的の1年生の周りに、僕らと同じような野次馬が既に結構集まっていました。
1年生は、不穏な雰囲気に全く集中できておらず、他方で、なんとなく図書館に外にも出ずらいらしく、早くも勉強どころではなさそうでした。

12時にもなると、部屋はほぼ満員。
そんな中、突然バンドが大学の応援歌を大音量で演奏しながら、部屋に流れ込んでくる。
上級生が歓声を上げバンドと合唱している隣で、1年生はあきれて笑うしかないといった様子。
かわいそうに。。。
キレる10代世代の僕なら3秒と持ちません。

orgo night 001

バンドはこのイベントにかなりの気合を入れて臨んでいるらしく、30分にも及ぶ演奏もジョークも完成度が高かったです。
ジョークは、脚本つきで、大学の有名教授を馬鹿にするもの、政治を風刺したもの、他の大学を皮肉るもの(「コロンビアは敷地を拡張することに関し、市議会の許可を取り付けることに成功した。この点、ハーバードやイエールは楽そうでうらやましい。ド田舎で周りに人なんか住んでいないだろうからな。」)など、多彩で、毎年あまりの過激さに議論を呼ぶらしい。
まあ、半分も理解できなかったけど。

図書館でのパフォーマンスを終えると、バンドは敷地内にある寮の前まで移動し、今度は寮に向かって大音量で演奏。
orgo night 011

寮の窓からは野次が飛び、バンドは待ってましたとばかりにさらに音量を上げる。

なかなかカオスな構図でしたが、きつい期末試験もジョークの対象にしてしまう校風はいいなと思いました。
しかし、あまりのパフォーマンスの高さに、バンドのメンバーの試験の結果が不安になりました。
自己犠牲の精神はすばらしいと思います。

にしても、大学1年生は若いですね。
1年生だったことなんてつい最近のことだと思っていたら、もはや7年前。。。
学部生がほとんどを占めるButler Libraryでのおっさんの浮きっぷりは半端なかったです。



今日は、用事があったのでミッドタウンまで行っていたのですが、なんと紀伊国屋が店舗移転セールスを開催しており、本を半額で売っていました。
半額だと輸入費用をかんがみても、日本より安く、文庫、新書等を大量に買い込んでしまいました。計90ドル。

読むんかいな。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

ハフゥン(ノ*゚▽゚)ノ。・*.-☆
【2007/12/19 17:09】 URL | みゃお #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cls2008.blog118.fc2.com/tb.php/43-87ead56a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。