米国留学生、ナイジェリアに行く
コロンビア大学ロー・スクールに留学してた人の日記。
プロフィール

米国留学生

Author:米国留学生
Columbia大学のロースクール(LLMコース)に通う日本人留学生です。
自己満足ですが、覗いてってください。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負けられない戦い
ちょっと遅いですが、日本代表、W杯出場決まりましたね。

めでたい。

南アも日本からよりははるかに近いことだし、タイミング合わせて休暇とって、応援行けないかな、とひそかに狙ってます。

でも、その前に、W杯出場を賭けた熱い戦いは、ここアフリカの地でもおこなわれいるのです。

ナイジェリアでスポーツと言えばサッカー。テレビをつければ、必ずサッカーの試合が放送されてるし(主にプレミア)、欧州のチームのユニフォームを着ている若い男性が街中に溢れています。代表のスーパー・イーグルズは、特に若い世代で戦績を残してきていて、アフリカン・サッカーの台頭の代名詞的なチー。にもかかわらず、2006年はドイツ行きを逃しており、今回の代表には大きな期待が寄せられています。

というわけで、もう2週間も前ですが、いってきました。
アフリカ最終予選。
ナイジェリア対ケニア。

もとは会社で日本代表の話しになったときに、同僚が一言。
「今週末ナイジェリア対ケニアやるらしい、しかも、アブジャの国立スタジアムで。」

「まじで!?行くしかなくない?でも、こんな直前にチケット取れるかな?」

「ローカル(現地人)の職員に聞いてみましょう。」

・・・

「取れるみたいですよ。本当に行きます?」

「行きます。もしかしてチケット高かったりするの?」(参考:アブジャ物価では、軽い外食昼飯1500円。ヒルトン一泊3万以上。東京並みORそれ以上。)

「300みたいっすね。」

「300ドル・・・3万円か。きついな。」

「いや、300ナイラ(210円)です。」

「・・・行きます。」


そして、当日、ローカル職員のベン君と日本人同僚3人。
車で近づくとスタジアムと大量の車が見えたので、ちょっと遠めの位置で路肩に路駐し、歩くことに。
行く途中、アブジャの街をぐるりと一周する環状道路が横目に見え、渋滞でびっしり。早めに路駐しておいて正解だったと思って、よく見てみれば、渋滞で車が「止まっている」のではなく、「停めてある」ではないですか。
4車線が1車線になってました。この道、東京で言うとこの環八とか首都環状線でっせ。

「路駐」のレベルが違う。。。

スタジアムは、大きな複合施設の中に位置するために、その施設内に足を踏み入れるためにも、チケットを提示する必要があり、マシンガンをお持ちのいつもの制服のお兄ちゃん達が、チケットを確認に。
チケットを見せようとした瞬間、ベン君がお茶目なことに、

「僕の分のチケットなくしたみたい。。。」

「まじかい。どうすんの?」

と、辺りにダフ屋がいないかと見回していると、ベン君、地面に落ちていたペプシの包装紙をつかんで、それを提示。

ベン君、君はマシンガンをなめている。。。

と、血の気が引いていく音を聞いていたら、ベン君、余裕で突破してるではないか。

・・・まいっか。

しかし、さすがにスタジアムそのものに入るためのゲートはチケットを一枚一枚確認していたので、ダフ屋から買わざるを得なく、さっそく交渉開始。
「がめつい」ことで有名なナイジェリア人。どんな額でふっかけてくるのかと、半ば興味半分で見ていたら、なんと100ナイラで交渉成立。

正規ルートの3分の1ですが。。。

どうやって交渉したのと聞いてみると、買ったのになくしたのだから、本当はただでもいいはずだ、と迫ってみたと。

・・・もうどうでもいいや。
ってか、がんばれ、ダフ屋!

そんなすったもんだで、ようやくスタジアム入り。早速ナイジェリア代表のユニをゲット。
1000ナイラなり。
本物の新品ADIDASにも関わらず、感動的な安さ。
狐につままれきった感じで、装着。頭には民族衣装帽。

ゆに

準備は完璧。


席は当然自由席。そして当然のように満席。
というわけで、階段に着席。でもこの景色。フィールドのど真ん中だし、S席かA席のビューに大興奮。両隣、前後の方々とは完全に接しているけど。

正面

さて、チケットに書いてあるキックオフ時間は16時。
現在17時半。
フィールド上は無人。
まあ、そんな感じがナイジェリア。
仕事でも、アポとっても1時間くらい平気で待たせる方達です。

窮屈な思いをして待っていると、左前15メートルから叫び声が。

「ポリス!ポリス!」

どうやら、喧嘩がはじまったらしく、周囲の人間が警備員というより警察を呼んでらっしゃいました。
喧嘩の理由は、階段のみんなが座っている間を通り抜けようとしたら、足が当たったとか当たらないとか。
うーん。。。
まあ、そんな感じもナイジェリア。

その後、2つほど喧嘩が勃発し、ようやく選手入場。

試合前

この2チームと日本代表が同じ舞台を目指しているのだから、やっぱりW杯は規模がでかい。

って、あれ?僕の着ているユニと色、微妙にちがくね?
どうやら古いモデルだったようです。格安も納得。

試合は、格上のナイジェリアが試合開始早々リードし、後半に2点加えて突き放し、終わってみれば3-0の圧勝。
後半にはヌワンコ・カヌが途中出場しかなり感動。
アトランタでは、あなたにやられました。

しかし、ダテに毎日のように欧州サッカーが放送されるだけなく、ナイジェリアのサポーターは目が肥えている。
有効なサイドチェンジや絶妙なトラップに拍手喝采し、走らない選手には容赦のないブーイング。こりゃ、強いわ。


さて、民族衣装帽とナイジェリア代表ユニを着ているアジア系はさすがに珍しいらしく、試合に勝ったことで上機嫌になっているナイジェリア人に大人気。

のべ50人くらいと握手しました。 
そして「You are Nigerian!」とありがたき言葉。

受け入れてくれたことはとても嬉しいですが、僕は時間も守るし、喧嘩もそんなにいたしません。

しらふのときは。






スポンサーサイト

この記事に対するコメント

ナイジェリア代表チームの試合をさっそく見られたなんてうらやましい。アトランタで世界一になった世代がベテランになってきてるけど、世代交代もうまくいっているみたいだね。ガーナも現在3連勝中でグループリーグ1位独走中。次の試合にはぜひ行ってみたいと思ってるよ。
ひるがえって日本代表を見ていると、なんだか不安だよ。「ベスト4を目指す」っていうのは、本当はグループリーグベスト4なのかという気がしてきた。

僕は無事にアクラに到着。8個の預け荷物が1つもロストせず全部無事に出てきて、税関の腐敗官憲の賄賂要求もなく、ホテルの無線LANの接続が早くてyoutubeも普通に見れたりと、信じられないくらい順調な滑り出しです。これからどうなることやら。

【2009/06/30 08:21】 URL | tamny@accra #qiVfkayw [ 編集]


>tamny
赴任おめでとう。
紹介いただいたbratzいわく、ガーナはアフリカ入門に最適だそうだ。
バックパッカーの貴兄にはものたりないんじゃないか?
しかし、youtubeがみられるのはうらやましすぎる。
ちなみに来週ロンドン行くよん。
【2009/07/06 07:16】 URL | 米国留学生 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cls2008.blog118.fc2.com/tb.php/53-f6f05fe8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。